利用者全員に

経験者から聞く絶対に損しない売却のポイントのマニュアル 差し上げます

【よくあるご質問】住み替え、買い替え時の売却(マンション・土地・戸建)は不動産売却一括査定「いえwill」へ

よくあるご質問

特にお問い合わせの多いご質問

自宅の売却、買い替えのタイミイングはいつがよいか

    自宅の売却、買い替えを考えております。今日、市役所で固定資産税係りに不動産価値は下がってるのに固定資産税が全然安くならない理由を伺いに行きました。3年間に一度の税金見直しを行ってるとの事ですが、私が住んでる早良区百道浜は土地の価格に浮き沈みがあるとの事。不動産売買は本当にタイミングが大事だと思いますがいつ価格が底でいつ売るのが良い時期なのでしょうか?年を取るとマンションが住みやすいと思いますのが上手く買い替えを行う事が出来れば良いのですが。ちなみに現在住んでる家は築23年、80坪です。売りに出すタイミングを教えて下さい。

    この度はご質問有り難う御座います。
    早速ですが、「売却のタイミング」は、結論から申しますと思い立ったが吉日です。
    なぜなら、お家が築23年と言う事で、築年数が経過すればするほど建物を売買金額に考慮する事が、建物の経過年数とともに出来なくなります。

    また、百道浜地区は比較的に売物件が出ています。
    このエリアの建物は16年位が平均的な築年数です。
    生活環境の変化、買い換え、世代交代等で今後、売物件が増えると思われます。
    そうなると今現在の百道浜地区の、希少価値性やブランド力が下がる事も考えられます。

    買い換えもご検討中ですので、今後の購入物件など総合的に考える必要があります。
    まずは「いつ売るか」より「現在のお住まいの価値を」把握してみては如何でしょうか。
    そうする事で今後のライフ・プランが見えてきます。
    当社「イステーション福岡城南店」はお客様のご自宅まで直ぐですのでお気軽にご利用下さいませ。

    ちなみに不動産価格には以下4つが御座いますご参考までに。

    「実勢価格」
    実際に売買されている金額不動産情報誌等で見かける金額。

    「地価公示」(国土交通省)
    地価公示法に基づいて、国土交通省が公表する土地の価格。
    毎年1月1日時点で土地の価格を鑑定・審査し、3月下旬に公表しているもの。
    一般的な土地価格の指標や公共用地の取得の価格などに利用。

    「路線化」(国税庁)
    相続税、贈与税などの課税価格を算出するために、国税庁が毎年1回評価する価格です。
    毎年8月下旬に公表しています。

    「固定資産税評価額」(市町村)
    固定資産台帳の登録価格のこと。
    固定資産税・不動産取得税・登録免許税など、不動産に関する税金を課税する場合に使用します。住宅購入で関係するのは「実勢価格」「固定資産税評価額」となります。

買い替えの時、現在の住宅ローン控除に加え、新たに住宅ローン控除を受ける事は出来ますか?

7年前に、3LDKの中古マンションを住宅ローンを利用して買ったのですが、子供も大きくなり荷物も増えて部屋が狭くなってきたので、一戸建に住み替えしようかと考えています。
そこで質問なのですが、現在住宅ローン控除を受けていますが、もし一戸建に買い換えた場合、もちろん住宅ローンを利用して買うことになりますが、また新たに住宅ローン控除を受けられるものなのでしょうか?
その他何かアドバイスがあれば教えてください。

さっそくですが、現在お住まいのマンションを売って、一戸建に買い換えた場合でも、
再度住宅ローン控除を10年間受ける事ができます。

ただし条件がありますので、控除を受けられる住宅かどうかを不動産会社の担当の方にお聞きになってください。
また、財務省のホームページ内に住宅ローン減税制度の概要が記載されておりますので,ご自身でも事前に情報が取れます。

ここで、ご注意いただきたいことが1点だけございます。
お住み替えにあたり、現在お住まいのマンションを売らなければなりませんが、売って利益が出た場合「税金を払ってください」ということになります。
ただ、今お住まいのマンションは居住用財産とみなされ、3000万円まで特別控除が利用できますので、この制度を利用しますと税金は払わなくて済みます。

ここで注意です。
住宅ローン控除と、居住用の3000万円特別控除の2つを同時に利用することができません。
例えば、マンションを売って利益がでたので税金を20万円払わなくてはいけない状況になったとします。
次に買い換え先で住宅ローン控除が受けられる状況で、10年間の控除合計額が80万円となると、20万円の税金を払っても当然住宅ローン控除を受けた方が「お得」ということになります。
また、買い換えする時に住宅ローンを利用するが2年後に退職金が出るので、その時に全額返してしまう計画ですと言った場合、2年間の住宅ローン控除合計額が15万円だと、居住用の3000万円特別控除を利用して、20万円の税金を払わない方が「お得」ということになります。
以外にうっかりしそうな事ですので、この事を知らない又は説明してくれない営業の方に当たると、あとで大変と言う事になりますので資金計画はしっかり細かいところまで説明してくれる会社、営業の方にご相談される事をお勧め致します。


買い替えについて

自宅の売却、買い替えのタイミイングはいつがよいか

    自宅の売却、買い替えを考えております。今日、市役所で固定資産税係りに不動産価値は下がってるのに固定資産税が全然安くならない理由を伺いに行きました。3年間に一度の税金見直しを行ってるとの事ですが、私が住んでる早良区百道浜は土地の価格に浮き沈みがあるとの事。不動産売買は本当にタイミングが大事だと思いますがいつ価格が底でいつ売るのが良い時期なのでしょうか?年を取るとマンションが住みやすいと思いますのが上手く買い替えを行う事が出来れば良いのですが。ちなみに現在住んでる家は築23年、80坪です。売りに出すタイミングを教えて下さい。

    この度はご質問有り難う御座います。
    早速ですが、「売却のタイミング」は、結論から申しますと思い立ったが吉日です。
    なぜなら、お家が築23年と言う事で、築年数が経過すればするほど建物を売買金額に考慮する事が、建物の経過年数とともに出来なくなります。

    また、百道浜地区は比較的に売物件が出ています。
    このエリアの建物は16年位が平均的な築年数です。
    生活環境の変化、買い換え、世代交代等で今後、売物件が増えると思われます。
    そうなると今現在の百道浜地区の、希少価値性やブランド力が下がる事も考えられます。

    買い換えもご検討中ですので、今後の購入物件など総合的に考える必要があります。
    まずは「いつ売るか」より「現在のお住まいの価値を」把握してみては如何でしょうか。
    そうする事で今後のライフ・プランが見えてきます。
    当社「イステーション福岡城南店」はお客様のご自宅まで直ぐですのでお気軽にご利用下さいませ。

    ちなみに不動産価格には以下4つが御座いますご参考までに。

    「実勢価格」
    実際に売買されている金額不動産情報誌等で見かける金額。

    「地価公示」(国土交通省)
    地価公示法に基づいて、国土交通省が公表する土地の価格。
    毎年1月1日時点で土地の価格を鑑定・審査し、3月下旬に公表しているもの。
    一般的な土地価格の指標や公共用地の取得の価格などに利用。

    「路線化」(国税庁)
    相続税、贈与税などの課税価格を算出するために、国税庁が毎年1回評価する価格です。
    毎年8月下旬に公表しています。

    「固定資産税評価額」(市町村)
    固定資産台帳の登録価格のこと。
    固定資産税・不動産取得税・登録免許税など、不動産に関する税金を課税する場合に使用します。住宅購入で関係するのは「実勢価格」「固定資産税評価額」となります。

買い替えの時、現在の住宅ローン控除に加え、新たに住宅ローン控除を受ける事は出来ますか?

7年前に、3LDKの中古マンションを住宅ローンを利用して買ったのですが、子供も大きくなり荷物も増えて部屋が狭くなってきたので、一戸建に住み替えしようかと考えています。
そこで質問なのですが、現在住宅ローン控除を受けていますが、もし一戸建に買い換えた場合、もちろん住宅ローンを利用して買うことになりますが、また新たに住宅ローン控除を受けられるものなのでしょうか?
その他何かアドバイスがあれば教えてください。

さっそくですが、現在お住まいのマンションを売って、一戸建に買い換えた場合でも、
再度住宅ローン控除を10年間受ける事ができます。

ただし条件がありますので、控除を受けられる住宅かどうかを不動産会社の担当の方にお聞きになってください。
また、財務省のホームページ内に住宅ローン減税制度の概要が記載されておりますので,ご自身でも事前に情報が取れます。

ここで、ご注意いただきたいことが1点だけございます。
お住み替えにあたり、現在お住まいのマンションを売らなければなりませんが、売って利益が出た場合「税金を払ってください」ということになります。
ただ、今お住まいのマンションは居住用財産とみなされ、3000万円まで特別控除が利用できますので、この制度を利用しますと税金は払わなくて済みます。

ここで注意です。
住宅ローン控除と、居住用の3000万円特別控除の2つを同時に利用することができません。
例えば、マンションを売って利益がでたので税金を20万円払わなくてはいけない状況になったとします。
次に買い換え先で住宅ローン控除が受けられる状況で、10年間の控除合計額が80万円となると、20万円の税金を払っても当然住宅ローン控除を受けた方が「お得」ということになります。
また、買い換えする時に住宅ローンを利用するが2年後に退職金が出るので、その時に全額返してしまう計画ですと言った場合、2年間の住宅ローン控除合計額が15万円だと、居住用の3000万円特別控除を利用して、20万円の税金を払わない方が「お得」ということになります。
以外にうっかりしそうな事ですので、この事を知らない又は説明してくれない営業の方に当たると、あとで大変と言う事になりますので資金計画はしっかり細かいところまで説明してくれる会社、営業の方にご相談される事をお勧め致します。

買い替えについて

お世話になります。
私は堺市南区原山台5丁7番の中古戸建てに7人家族(5人家族+両親)で住んでおります。
10年前に3100万円(土地40坪付き)で購入し、月々8万の返済(金利固定型)を続けてまいりました。
しかし、経済状態が悪くなり近い将来返済困難な状況になりうると考えております。
ローン残高はまだ1500万ほどあります。
両親が健在で精神的にゆとりのあるうちに負担軽減したいため、2700万程度にて売却若しくは2200万程度で不動産業者に買い取ってもらい多少不便でも返済残金を頭金にして1000万~1500万程度の住宅を購入できないかと考えております(まだ見積もりは取っておりません。月々の返済額を4万円程度としたい)。
なにぶんにも素人ですので、他の方策や今の見通しの甘さや問題点について教えて頂けますでしょうか。
また、こうした相談を具体的に不動産業者と行う場合の注意点や相談前にすべきことなどありましたらご教示頂けると幸いです。

ご相談の内容ですが、今後のご返済が厳しくなることを見越して、お買替えをご検討されているという事ですね。
地域の不動産相場にはよりますが、10年前に3,100万円でご購入されているという事で、まず一番で把握しなければならない事は、売りに出された場合、現在の市況ではどの位の金額でご売却できるのかを地域専門の不動産会社に相談をされる事だと思います。

お買替えを考えられた、自分の思われている金額と開きがないかをまず把握する事で今後の計画が立てやすくなります。
そして、ご売却をされた時には諸経費がかかったり、住宅ローンのご返済もあるでしょうから、手取りベースでどのくらいの金額が残るのか把握しておきたいところです。
ちなみに、不動産業者の買い取りになりますと、普通の仲介(流通)による売却金額が相場の100だとしますと、買い取りの場合70%前後が予想されますので、特別緊急に資金が必要でない場合は、仲介でのご売却をおすすめします。

ご購入に関しましては、お支払いを月4万円前後の返済を希望されているという事ですので、ご売却して残った資金を考慮して、お探しになられる金額帯ででどのような物件が市況に出ているのか把握できれば、より確実にお買い替えが
できると思います。7人ご家族用の物件は市況に少ない気がしますので・・

最期に相談をされるべき不動産会社の件ですが、

(1)営業担当の方の人柄
(2)ご希望地域で重点的に活動されている(地域専門)会社
(3)価格査定提案内容の充実
(4)その地域での成約実績
(5)販促方法の提案内容・売却活動後の活動報告について

このあたりのご質問をされて、満足のいく回答を得られれば、ご相談をお願いされてもよい会社ではないでしょうか?
不満足でしたら、別の会社をあたってみても良いと思います。

離婚に絡む名義変更について

離婚を前提に マンションの売却及び名義変更を考えています。
マンションの所有者・住宅ローンの名義は共に妻の私が100%です。
現在 名義変更が出来るか 銀行に住宅ローン借り換えの審査を申し込みする準備の段階ですが、ファイナンシャルプランナーの方から難しいかもしれないといわれました。
このまま 娘と2人で住宅ローンを支払っていくのは とうてい無理なので、名義変更が出来なければ マンションの売却をしないといけませんが売却価格に対して住宅ローンが残ります。
手持ちがほとんどありません。
残った住宅ローンをもう一度 借り入れる事は可能でしょうか。

ご質問の主旨を整理してお答えします。

(1)マンションの名義変更とは、質問者の方から離婚される予定の現在の夫に変更したいとの意味とします。
(2)現在の夫が住宅ローンの借り換え審査の申込みをするとします
(3)マンションの売却損を住宅ローンを組んで返済することができるか

上記の条件とした上でお答えします。

まず、(1)(2)は、離婚後に現在の夫が質問者から住宅ローンを組んで購入するのであれば可能性高いです。
当然、現在の夫がローン審査に通る条件をクリアーできることが前提になります。
同一世帯で住宅ローンを組んで名義変更(所有権移転)することは一般的に言って、まずできないでしょう。
現在の住宅ローンを支払い続けることが出来ないとすれば売却して返済することになります。ローン残額よりも売却金額が低くて売却損がでる場合でその損失を補填できない高額損失の場合は、売却できなくなります。
なぜならば、住宅ローンを全額返済しないと銀行は担保を抜いてくれない(抵当権の抹消)からです。
具体的には、状況によって違うこともありまので、是非経験豊富な不動産業者にご相談されることをおすすめします。
その場合は、複数の業者に相談されることが賢明です。親身になって相談を受けてくれるところがおすすめです。

同居を目的として二世帯住宅に住み替えたい

私も親も現在不動産を所有しておりますが、今度、同居を目的として二世帯住宅に住み替えたいと考えております。どのように進めていけばよろしいでしょうか。
アドバイスを頂けると助かります。宜しくお願いします。

まずは、資金計画を立てる為、2つの不動産の査定から始めると良いでしょう。
そこで予算組みを行い、次の候補地を決めるというスケジュールです。
当社では査定を無料で行っております。
お気軽にご相談ください。