利用者全員に

経験者から聞く絶対に損しない売却のポイントのマニュアル 差し上げます

【よくあるご質問】住み替え、買い替え時の売却(マンション・土地・戸建)は不動産売却一括査定「いえwill」へ

よくあるご質問

特にお問い合わせの多いご質問

査定について

査定はどの様なことをするのですか?

査定には、事務の机の上で行う簡易査定とお客様の家を訪れ現地調査を行う訪問査定があります。
机上の査定の場合、部屋の確認は致しませんが法規制等の調査、現場周辺の売出し、成約事例、市場性を加味し、おおよその価格を出します。
訪問査定は机上査定の内容にプラスして、お住まいを訪問させていただき、建物の現在の状態、リフォームの必要性、道路付き、日当たりや風通し、利便性その他をチェックし、お部屋で確認させていただきますので、精度の高い査定となります。

売却価格はどうやって決まる?

売却価格はどうやって決まる?

査定価格をもとに、最後は売り主が決定不動産会社に査定してもらった金額は、立地や築年、広さなどの条件から、この価格で売れるだろうという目安の価格だといいます。
その査定金額を基準に、売り主の事情などを考慮して相談、最終的には売り主が売り出し価格を決めることになります。
そう、売り出し金額を決めるのは自分自身です。では、高く売りたいからという理由で、査定価格を大幅にオーバーしても大丈夫なのでしょうか。なかには時間がかかってもいいからと、そうした金額で売り出す人もいるようですね。
ただし、現実的には査定価格の上下100万円~150万円くらいの範囲内で売り出すほうが、より売れる確率が高いのも事実です。
引っ越し先が決まっているなど、売却を急ぐなら査定価格より下に、時間的な余裕があるならある程度上に設定してもいいかもしれません。


査定について

売却の際の「買い取り保証制度」について

    売却についての相談です。
    仲介業者の中には「買い取り保証制度」なるものを設けているところもありますが、査定が価格の8割に減ってしまうとなると売る気は失せてしまいます。
    そこで、査定額と同等の価格で買い取ってくれる業者はないのでしょうか?
    我が家は愛知県内に5年前、土地約70坪、建坪約30坪の建築条件付の土地を購入し居住中です(ローンなし)。
    静かで日当たりもよく正直悪い所はないくらいですが、もう少し地下鉄に近い場所へ引越したいと思い、昨年秋頃より売りにだしているのですが、内覧希望さえない状況です。
    売り出し価格が高かった為、今年に入り査定額とほぼ同じ位まで引き下げました。
    綺麗なうちに売却し早く新しい場所へ引越したいのですが、このまま売れないのでは・・・と日に日に不安が募り、昨年旺盛だった土地探しもこのところする気にもなりません。
    大変困っていますのでどうか良きアドバイスをお願い致します!

    業者に対し通常の販売価格での買取をご希望とのことですが、業者が買い取りをするということは、基本的に買い取って利益を得るために行いますので、業者毎に、経費プラス見込みの利益を販売価格より差し引いた金額で買い取り価格を設定します。
    そう考えますと、お客様がおっしゃる通常の流通価格での買い取りは難しいのではと思います。
    しかし、販売価格自体や見込みの利益等は大きくは違わなくても、業者によって見方が違うと思いますので、
    買取をする業者を何社か当たってみて、納得のいく価格が出ないか確認されるとよいのではないでしょうか。
    その上で、買い取り価格に納得がいかない場合、もう一度、販売計画をみなをされるのがよいと思います。
    前述したように、理屈からいけば、業者の買取よりも仲介で売却したほうが、通常高く売れると思います。
    ただ、今だ内覧もないということですので、再査定による価格自体の見直し、販売活動や今後の見通し、また、それらに対して障害となっていることはないか等、現在ご依頼の仲介業者に確認されることはもちろんですが、現状を鑑みますと、手数はかかりますが、他の業者の意見も参考にされるとよいと思います。
    その上で、ネックとなっているようなことがあれば解消し、また、業者に専任で任すのか、変更するのか、数社に依頼するのか等をお決めになるとよいのではないでしょうか。

査定について

査定はどの様なことをするのですか?

査定には、事務の机の上で行う簡易査定とお客様の家を訪れ現地調査を行う訪問査定があります。
机上の査定の場合、部屋の確認は致しませんが法規制等の調査、現場周辺の売出し、成約事例、市場性を加味し、おおよその価格を出します。
訪問査定は机上査定の内容にプラスして、お住まいを訪問させていただき、建物の現在の状態、リフォームの必要性、道路付き、日当たりや風通し、利便性その他をチェックし、お部屋で確認させていただきますので、精度の高い査定となります。

自宅の査定について

自宅の売却を考えております。まずは、自宅の価格を知る為に査定をして貰おうと考えております。査定して頂く時には、何を準備して置けばよろしいのでしょうか。

購入した時の契約書、重要事項説明書、建築確認などがあればスムーズに進められます。
最新の土地、建物の謄本など準備しておくと査定する会社は助かるでしょう。(用意してなくとも大丈夫です)権利書も確認する事もあると思います。

売却価格はどうやって決まる?

売却価格はどうやって決まる?

査定価格をもとに、最後は売り主が決定不動産会社に査定してもらった金額は、立地や築年、広さなどの条件から、この価格で売れるだろうという目安の価格だといいます。
その査定金額を基準に、売り主の事情などを考慮して相談、最終的には売り主が売り出し価格を決めることになります。
そう、売り出し金額を決めるのは自分自身です。では、高く売りたいからという理由で、査定価格を大幅にオーバーしても大丈夫なのでしょうか。なかには時間がかかってもいいからと、そうした金額で売り出す人もいるようですね。
ただし、現実的には査定価格の上下100万円~150万円くらいの範囲内で売り出すほうが、より売れる確率が高いのも事実です。
引っ越し先が決まっているなど、売却を急ぐなら査定価格より下に、時間的な余裕があるならある程度上に設定してもいいかもしれません。